衣料用途の見本帳

衣料用途の見本帳には、コンパクトに素材を見せる方法として大きく分けて3種類の素材の見せ方があります。
弊社では、素材の特性により3つの方法の中から適切な形をアドバイスしていきます。

直貼り

素材をそのまま貼る形です。現在の見本帳の約80%がこの形になっています。

※直貼りの簡単なサンプルにつきましては、別紙「生地貼りサンプルイージーオーダーについて」(PDF)により詳細を確認の上、お見積もりをさせていただきます。

こちらから・・・

窓貼り

直貼りをした素材に穴アキ台紙を上に重ねて貼る形です。現在の見本帳の約15%がこの形です。
窓貼りは、窓の形や大きさによりヌキ型が必要です。見積もりには、色の配列などの詳細内容が必要です。こちらより順を追ってご説明させていただきますので、何なりとお問い合わせください。

こちらから・・・

コマ巻き

カラー1色ごとを1枚づつ厚紙で巻いた形のものです。現在の見本帳の約5%がこの形です。
コマ巻きは、コマの大きさによりヌキ型が必要です。見積もりには、色の配列などの詳細内容が必要です。こちらより順を追ってご説明させていただきますので、何なりとお問い合わせください。

こちらから・・・

インテリア素材のとじ見本帳

カーテン素材の見本帳は、貼り見本帳形式が一般的ですが本来は部屋全体をおおう物であるため、できるだけ大きな見本を見ていただくのが大切であり、素材の風合い、落ち感が実際感じられることが必要です。弊社では、織物素材はホツレやすいという大前提をカバーする3種類のとじ見本帳を製作しております。

とじ見本帳は、とじる素材の内容により台紙を別注で作成します。素材とじサンプルブックご注文のポイント(PDF)により、ご要望事項を確認させていただきます。

スプレー方式

ピンキング(ギザギザ)カットとスプレーノリにより、生地のホツレ止めをするタイプです。

こちらから・・・

オーバーロック方式

生地端4方(3方)を透明糸でオーバーロックする形です。

こちらから・・・

裏四方シール貼り方式

生地端4方(3方)にシールを貼りホツレ止めをしてからピンキングカットする形です。

こちらから・・・